記事の詳細

低周波を用いて治療を行う足立区 鍼灸治療院もあるのですが、本間治療院では鍼に電気を流して治療をする方法を用いることもあります。このような治療法を低周波鍼通電療法と呼んでいます。まず鍼を治療する部分に刺します。鍼を刺す部分はプロの鍼灸師であれば見分けられます。

刺した鍼に電気を流すのですが、低周波の場合には音波になるので、ワットではなくヘルツという単位になります。足立区 鍼灸治療院で治療する場合には、1ヘルツから3ヘルツになっているのが一般的でしょう。もし痛みが感じるようでは必ず申し出ましょう。

通常はもし痛みがあるようならば教えてくださいと言った注意事項を始めに説明してもらえます。鍼を刺した部分がトントンという感じで気持ちよくなるのが一般的です。血行を良くしてコリをほぐし、いろいろな症状に効果がある治療法ですが、神経症状の治療もできます。

本間治療院
http://to-yo.org/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る