記事の詳細

株式会社いいねタウンでは、賃貸借契約の解約立会代行を行っています。
アパートやマンションオーナーにとって、賃借人が退去する際のトラブルは避けたいものです。特に、貸した部屋の原状回復は難しい問題です。
原状回復とは、賃貸借契約の解約の時、オーナー・賃借人が、契約の終わった部屋を借りる前の元の状態に戻す、民法上の義務のことを意味します。
賃借人の義務の範囲は、置いていた物を残さないこと、変更した箇所があれば、元に戻すことです。
しかし、普通に部屋を使っていれば劣化・消耗してしまうようなものを新品と取り換えるまでの義務は負いません。たとえば、
・部屋を借りた時に備え付けられていたエアコンを、オーナーに相談なく別の物と取り換えていた場合には、元のエアコンにつけ戻さなくてはなりません。
・壁に額縁を飾るために穴をあけた場合も、賃借人の費用でこれを修繕しなければなりません。
これに対し、オーナーの義務の範囲は、賃借人が戻さなくて良かった箇所の修復になります。民法上、オーナーが受け取っている毎月の賃料の中には、経年劣化や、通常の使用による損耗等を修繕する費用が含まれていると考えられているからです。たとえば、
・部屋を貸した時には真っ白だった壁紙が、解約時には薄い黄色に変色していた場合、オーナー負担で壁紙を張り替えなくてはなりません。
・家具を置いたことでついてしまった、床やカーペットのへこみも、オーナー負担です。
したがって、トラブルに発展するのは、賃借人・オーナーのどちらが負担して直すべきかわからない損傷などを発見した場合です。株式会社いいねタウンの行う解約立会代行は、このような賃貸借をめぐるトラブルを未然に防ぎます。

原状回復については、オーナー・賃借人の費用負担についてのルールが定められたガイドラインを、国土交通省が出しています。このガイドラインは、これまで起きた裁判の内容や、現在の法律の解釈をふまえて解説をしているものです。
しかし、使用後の部屋の状態は賃借人によってさまざまです。ガイドラインの説明だけでは分かりづらい微妙なケースは多々あります。また、賃借人側が負担することを拒んで、トラブルに発展するということもでてきます。
以上のことから、オーナー自らが原状回復の査定をすることは非常に難しい状況にあります。
解約立会代行サービスとは、このようなオーナーの悩みを解決するために、賃借人が部屋を出ていく時、オーナーに代わって立ち会い、原状回復についてその場で負担割合を明らかにし、賃借人に説明を行うものです。株式会社いいねタウンでは、このようなサービスを行っています。
解約立会代行サービスを利用することで、トラブルを未然に防げるだけではなく、
・立会いに行かずに済み、時間や手間、労力を節約できます。
・退去立会後の原状回復工事も、見積作成から、修繕を完了させてオーナーに引き渡すまでの一連の業務も委託することができます。
・賃借人にとっては、退去時、その場で負担割合がわかり、また、その理由についても説明を受けて納得することができます。
・原状回復についてのプロが査定・解説を行いますので、賃借人としてもその内容を信頼することができます。
・場合によっては、賃借人との交渉も行います。
など、オーナーだけではなく賃借人にとってもメリットとなるのです。
株式会社いいねタウンで解約立会代行サービスを利用することで、賃借人退去後の作業を安心してスムーズに進めることができます。

株式会社いいねタウン(以下、「同社」)の解約立会代行サービスの流れは、以下のようになります。
1.オーナーが解約立会代行サービスを申し込みます。
2.同社が、ガイドラインや契約内容に沿って、賃借人と共に損傷や不具合箇所の確認を行います。その際、
・ガイドライン、契約内容に沿って、公正な判断での原状回復の査定を行います。
・解約立会清算表の作成をします。
・立会清算表の作成をします。
・原状回復についての説明を賃借人に行います。
・室内の撮影をし、状態について写真で残します。
を行います。
3.同社より、オーナーに書類が届きますので、各書類の確認をします。その内容は、
・原状回復査定の内容
・退去立会清算表
・元賃借人への説明内容
が含まれています。
4.オーナーは書類を確認した上で、回復工事の着手へ合意し、工事の着手を指示します。
その後、原状回復工事を同社が手配します。工事が終了したら、ハウスクリーニングを行い、作業の終了報告をします。
以上のステップで、作業は完了です。
上記をまとめると、株式会社いいねタウンの解約立会代行サービスを利用し、トラブルを未然に防ぐことができます。なおかつ、原状回復工事も手掛けますので、賃借人の退去から次の賃借人への引き渡しまで任せることができ、次の賃借人への引渡し期間を短縮させることができます。サービスの手続きも難しいものではありませんので、まずは問い合わせてみることから始めましょう。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る