記事の詳細

私は横浜在住の25歳です。
就職を機に横浜に引っ越してきました。
横浜と言えば海というイメージでしたが意外と山や公園が多く緑のイメージです。
どちらにせよ素敵な街であるのは間違いのない事実です。
私が横浜に引っ越してきてからよく利用する路線があります。
それは東急東横線です。東急東横線には素敵な駅がたくさんあり、気に入っています。
特に最近気に入っているのは自由が丘です。都会過ぎず、雑貨屋さんが多くて昔ながらのお店もあり落ち着きます。
そこで歩きながらショッピングするのが好きです。
2013年、東横線と副都心線が相互直通運転を開始しました。
新宿三丁目駅付近に住んでいる平石哲也君と遊ぶことになった時も大変便利でした。
1本でつながっているのでお互い乗り換えがなく気軽に会えるのです。
平石哲也君はファッション関係の仕事をしているので女性のファッションにも敏感でインテリアやカフェなども好きでまるで女友達と話しているようです。
そんな彼と先日、自由が丘で遊んできました。まず初めに行ったのは青山にあるCIBONEと同じ系列のTODAY'SSPECIALです。
いわゆるライフスタイルショップです。
建物は3F建てになっています。1Fには各国・日本各地の食器、観葉植物、があります。食べ物も置いていてドライフルーツなどをみて二人して「可愛い~」と言いながらはしゃいでいました。
その後2Fへ向かいました。2Fは衣料品を中心に置いていますが、オーガニックのボディケア用品も併せてあります。
平石哲也君は敏感肌らしく、「ここのブランドのこのハンドクリームがおすすめだよ」と教えてくれて、それを購入して現在愛用しています。
3Fはカフェになっています。
今回は利用しませんでしたが、季節の野菜やフルーツの料理で素材の味を生かした料理が美味しいそうです。
TODAY'SSPECIALを後にした私たちは紅茶専門店でランチをしました。
料理は普通だったけど、やはり紅茶がおいしかったです。
自宅で飲んでいるものとは別物でオレンジベースでキャラメルのフレーバーでした。
平石哲也君は男性的な面ももっているので紅茶に関する薀蓄(うんちく)も語ってくれました。
紅茶を淹れるときに蒸らす行為がどれほど大切か力説してくれました。
正直どうでもいいけど、これが彼氏だったら真剣に聞くんだろうなとおもいながら紅茶専門店を出ました。
次はポーランド食器のお店へ行きました。
ポーリッシュと呼ばれています。
色は明るいネイビーを基調としたものが多くスタンプまたは手書きで描かれている陶器だそうです。
「このスクエアのお皿でグラタン焼いたらさぞかし美味しいだろうね」
「ネイビーだから和食器ともあいそうだね」など新生活を想像させるような会話もしました。
お互いに男女の意識がないのでこういった会話ができるのだと思います。
お昼から会ってお互い夜は予定があったので自由が丘駅で解散。
「また、あおーね~♪」と言い東急東横線に乗って帰りました。
デート後の男女でよくある「ありがとう。楽しかったわ。また会いたいな」のメールもなくまた2か月後くらいに「明日暇?」とメールが来る。
そんな平石哲也君とのライトで楽しい関係が気に入っています。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る